ククイ博士のおでかけ備忘録

おでかけをゆるゆるとまとめる。

おそロシアにいってみよう!④第2日、3日目

ハバロフスクからウラジオストク

ハバロフスクは素敵な街であり、充実した観光であった。次に向かうのはウラジオストクである。ウラジオストクまではシベリア鉄道、オケアン号を利用する。オケアンとはロシア語でОкеан、大洋の意がある。オケアン号は毎日運行で1等と2等の編成となっている。私はウラジオストクから入国出来なかったので、わざわざシベリア鉄道起点に戻る旅程である。しかし、ただ戻るのでは面白くないと思い、オケアン号の利用を思いついたのだ。

オケアン号に乗車

f:id:ponpoko722:20190909135823j:image

ハバロフスク駅には大きい電光掲示板がある。

ハバロフスク20:45発、ウラジオストク08:27着の旅である。シベリア鉄道完乗するには時間が必要だ。しかし、当列車を利用する事でシベリア鉄道を短い時間で感じる事ができる。時間がない方には当列車の利用でシベリア鉄道を短い時間ながら、堪能して頂きたいと思う。
f:id:ponpoko722:20190909134746j:image

列車は定刻通りにハバロフスク駅に出発した。かなりのスピードでシベリアの大地を駆け抜ける。私は2等寝台の上段を利用した。私の他に若い夫婦がいた。2人は親切で気持ちよく過ごせた。まだロシアに2日ばかりの滞在だが、ロシア人は人が良く優しさがある。

f:id:ponpoko722:20190909135759j:image


f:id:ponpoko722:20190909135813j:image

ランチョンマットは大洋をイメージして、海が描かれているものだった。

f:id:ponpoko722:20190909141353j:image

ペプシを注文した。普段飲むペプシキリル文字となると別の飲み物のようであった。


f:id:ponpoko722:20190909135835j:image

ボルシチを注文、ボルシチは一番手軽で私は好きだ。食堂車の店員の皆さんは優しく、丁寧な接客であった。この食堂車のメニューは、ロシア号より幾分か豪華に設定されているようであった。その分、お値段もはる。

翌朝、各部屋に朝食が配られる。基本オケアン号は朝食付きということになる。選択肢はあったが、自動的にプリヌイになった。

 

f:id:ponpoko722:20190909141547j:image

列車は定刻通り、ウラジオストク駅にに到着。さて、ウラジオストクの街が呼んでいる。私は、意気揚々と駅から出た。

f:id:ponpoko722:20190909141629j:image
f:id:ponpoko722:20190909141601j:image

 

 

おそロシアにいってみよう!③第2日目

ハバロフスク市内観光

ハバロフスク駅舎

ハバロフスクの街は歩きやすく迷う点が無い。駅を中心とし、ひたすら真っすぐ歩くとアムール川を見渡せる公園に出られる。もちろん、バスやトロリーバスの交通の便はある。駅からアムール川まで3.8kmは良い運動になる。まず今晩、乗車するオケアン号の下見をする為、ハバロフスク駅に向かった。駅は治安が悪いと思ったが、目立つのは中国人観光客のみで、至って普通であった。最近は、テロ対策の影響で荷物チェックがある。ハバロフスクの場合、簡易的なチェックで特別問題無かった。駅舎は立派で歴史を感じる上、ロシア国鉄の壮大なチャイムがそれを誇張させるようであった。この線路がモスクワまで続いていると考えると感慨深い。

f:id:ponpoko722:20190905144707j:image


f:id:ponpoko722:20190905144656j:image


f:id:ponpoko722:20190905144722j:image


f:id:ponpoko722:20190905144715j:image

 

中央市

駅から真っすぐ歩くと中央市場に着く。市場はカラフルで、ヨーロッパのマーケットの様であった。市場ではイクラキャビア、肉、何でも揃っていた。ハバロフスク市民の皆さんも買い物に来ていた。市場ではリンゴとベリー系の果物を買った。私は日本だ青森県産リンゴや長野産リンゴを食べているせいで、市場で買ったリンゴは旨みを一切感じなかった。あれはジャムに適している。

f:id:ponpoko722:20190905144800j:image

中央市場を抜け、さらに歩くとレーニン広場がある。広場と名のつくものは本当に広い。均等に配置された噴水が美しい。 

f:id:ponpoko722:20190906194050j:image

 

アムール川

ハバロフスク駅から真っ直ぐ歩くとアムール川のほとりに到着する。某県、日本一の川幅の比ではない。アムール川は中国から流れ、ロシアを抜け最終的にはオホーツク海へと流れ、豊かなプランクトンを放出してる。その恩恵は北海道に、私達の食卓に美味しい海の幸となって届けくれている。

 

f:id:ponpoko722:20190906202112j:image


f:id:ponpoko722:20190906202123j:image

ウスペンスキー教会

f:id:ponpoko722:20190906213020j:image

大分歩いたと思い、スマホを確認してみたら20kmを超えていた。足が棒になるまであと一歩という段階であったので、ブログ更新を兼ねて休憩を取ることにした。ハバロフスクはローカルなカフェが多い。値段はリーズナブルだ。確かコーヒーとクロワッサンを頼んでも¥200台後半だったか気がする。コスパに優れてるので利用する価値がある。


f:id:ponpoko722:20190906202102j:image

 

カフェを後にするとすっかり夕刻になっていた。街は夕日に照らされると同時に市民の歩幅も大きくなっていく。ハバロフスク観光は1日であったが、この街の良さを知ることが出来た。今のところ、おそロシア体験していない。本当におそロシアなのか懐疑的になる。しかし、本丸はモスクワであり油断大敵だ。


f:id:ponpoko722:20190906202054j:image

今日は充実した1日であった。Спасибо。

 

 

 

 

 

おそロシアにいってみよう!②第1日目

成田からハバロフスク

成田からハバロフスクまで飛行時間は約3時間で繋ぐ。ハバロフスクは日本と近く時差は+1時間である。現在、ロシア連邦極東地域のVISAが緩和され、ネットで簡単に申請出来るe-VISAがある。また、来年度からANA,JALウラジオストクに直行便を飛ばす予定だ。今後、期待を集める旅行地に間違いない。下記の図を見るとロシア国内には時差が生じてる。シベリア鉄道を完乗する際は確認しておきたい事項だ。

f:id:ponpoko722:20190903132447p:image

wikipediaより転載

ハバロフスクの空港は飛行機からタラップで降りる。飛行機を間近で見ると、A320とは言え大きい。今回はS7航空を利用した。ワンワールドに加盟してる航空会社であるが、度々LCCと間違われるキャリアである。その所以は、受託手荷物、座席指定が有料オプションであったり、する為だろう。

f:id:ponpoko722:20190904163741j:image

サービス共に申し分ないが、同加盟キャリアであるJALと引き合いに出すとなんとも言えない。これは最初から比較対象にはならないが。

 

空港から市内

ハバロフスク空港から市内まではタクシーか、バス、トロリーバスの選択肢がある。トロリーバスはカードが利用できた。ロシアではpayWave決済が便利だ。東京五輪でも当決済を流行らせるらしい。ちょっと時間が足りない気がして堪らない。市内までは渋滞が酷かったが、日本の中古車がハバロフスクの街を軽快に走っているのを見るのは楽しかったので、良しとする。

f:id:ponpoko722:20190904164925j:image

美味しいコーカサス料理

ホステルにチェックインし、街を散策することにした。コーカサス料理屋がホステルから近かったのでそこにした。店員が非常に親切で楽しい時間を過ごせた。店内のインテリアも非常に素敵だ。

イロン•カビス、Ulitsa Dzerzhinskogo, 65, Khabarovsk, Khabarovskiy kray, 680000

 

f:id:ponpoko722:20190904170148j:image

この後、あ、ジョージアワイン🇬🇪を飲まなくっちゃと思い注文した。そしたらパイを薦められたので一緒に頼んでしまった。おそらくベリーが入ってるパイだ。シンプルな味で美味しかった。もちろんワインも。ハバロフスクは素敵な街であることに間違いない。

明日にも期待。

f:id:ponpoko722:20190904170010j:image

 

 

おそロシアにいってみよう! ①旅程について

はじめに

私は7月の中旬、夏のおでかけ構想を練っていた。シルクロードはどうか。中央アジアはどうか。どこも予算オーバーで中々良い旅先が見つからなかった。しかし、私は梅雨空の関東平野を駆け抜ける車内の中で突如ロシア、シベリア鉄道が頭によぎった。次の思考は、おそロシアだったが悩む間も無く、シベリア鉄道の料金をロシア国鉄のHPで検索をかけた。ん、安い…6日間乗って約3万(3等寝台)ではないか。乗るしかない、乗る。私は颯爽と新宿駅新南口改札を抜け、一目散にカフェに飛び込んだ。そして、アイスコーヒーを飲みながら、シベリア鉄道の乗車券をクレジットカードでさっさと決済してしまった。旅のはじまりは突然であり、代金を決済するか否かによる。旅行に行くか悩んでいる方は今すぐに決済することを強く推奨する。

 

おでかけフロー

今回はBAマイルで航空券を発券した。ウラジオストク便の空席が無かったため、仕方なくハバロフスク行きの航空券にした。折角シベリア鉄道に乗るのだから、やはりシベリア鉄道0マイル地点からスタートしたい。結果、ハバロフスクからウラジオストクに移動し、ウラジオストクからロシア号に乗車し、モスクワまで目指すことにした。モスクワでは定番の観光をし、芸術鑑賞をする予定だ。もちろん、ロシア料理は見逃せない。また、ロシアは本当におそロシアなのか検証したいと考える。

 

おわりに

9月2日は日本が降伏文書を署名した日であり、ロシアでは「対日戦勝記念日」と呼ぶ日である。折角の機会であるため、道中、日本人墓地に足を運べたら良いと思う。

f:id:ponpoko722:20190903022430j:image

 

バルセロナ編 芸術都市のバルセロナ⑨

目次

 前回の振り返り

f:id:ponpoko722:20190206153826j:image前回の更新から時間が空きましたので旅程の復習です。気付けばもう旅行から半年経ってしまいましたww。前回はスペイン国鉄を利用し、MadridからBarcelonaへ移動しました。今回Barcelona観光のまとめになります。結論、特に面白い事はないですが、治安よく落ち着いて観光できる良い街です。ヨーロッパの中でも比較的治安が良好だと思われます。

バルセロナ観光の経路

バルセロナの街は歩きやすく、Metroもありますので散策は楽しいです。特に海岸沿いは気持ちよくオススメです。しかし、ムンジュイック城は頂上185mにあり、ヘタってしまいますので要注意です。私は徒歩主義なのでバスは使いませんでしたが、バスを利用することでより効率的に観光ができます。時短向けですね。

Google Mapのタイムラインからこの日の経路を見ると、比較的無駄のない観光ができたのではないかと思います。この機能は旅行を振り返る際に最適です。

 

f:id:ponpoko722:20190206154505j:image


では、写真とともにBarcelonaを見ていきましょう。一番手はサクラダ・ファミリア。実はサクラダ・ファミリア、市の建築許可を得ずに建築していた違法建築でした...以下、省略。

www.asahi.com

観光の際はMetroからのアクセスが良好です。Sagrada Família駅があります。おそらくサクラダ・ファミリアの為に作られた駅でしょう。入場券は予めネットで購入してPDFまたは印刷しておくと大変楽チンです。


f:id:ponpoko722:20190206155600j:image

 

次にカタルーニャ音楽堂です。こちらは自由見学が出来ないので英語またはスペイン語のツアーに参加する必要があります。ツアー参加者の多くは欧米人でアジア人はおそらく私だけかな。みなさん興味津津で、最後の質問コーナーでは積極的に挙手して質問されてました。日本では、まずあり得ない光景ですね。

f:id:ponpoko722:20190206155855j:image

 

こちらはバルセロネータービーチです。さすが地中海。このビーチは大きくて圧巻です。

都市にこんな綺麗なビーチがあるのは大変羨ましい限りです。現地の人も愛するビーチだそうで。


f:id:ponpoko722:20190206160118j:image

 

f:id:ponpoko722:20190206234737j:plain



f:id:ponpoko722:20190206160435j:image

このロープウェイを利用することでバルセロネータからムンジュイック城にワープが可能になります。欠点として結構並び、時間がかかります。時短策としてはイマイチな策です。しかし、ロープウェイからの景色は良く、バルセロナの街並みを一望出来ます。大半のお客さんも景色を見る為といったとこでした。


f:id:ponpoko722:20190206160531j:image


f:id:ponpoko722:20190206160613j:image

 

ムンジェイック城です。地中海を一望出来ます。


f:id:ponpoko722:20190206160750j:image

 

おやつに本場のチュロスを食べました。チュロスは結構しつこく、胃もたれしそうでした。私はそんなに美味しいと感じませんでしたが、お店は大繁盛しておりました。人気店だそうです。@Granja La Pallaresa 


f:id:ponpoko722:20190206160839j:image

 

夕食は適当に立ち寄ったお店で済ますことにしました。お店選びのポイントは静かで尚且つ空いていること、すなわち適当に選びます。お店は少し空虚な方が良いのです。私は、メニューを一目し、適当に注文しました。このビールは日本では中ジョッキを超えるサイズでしょう。ビールで満腹でした。しばらく適当につまみましたが、やはりしょっぱい。しょっぱいものを毎日食べるのはなかなか苦行です。何かさっぱりしたものを食べたくなってしまいますね。いやスペイン料理美味しいんですよ。ただ塩分過多。


f:id:ponpoko722:20190206161128j:image

 終わりに

バルセロナは治安面も良く、現地の方も親切でした。見所は多いのですが、取捨選択して、色々な旅行ができるのがバルセロナの良いところでしょう。次回訪れる際は、建築物とサクラダ・ファミリアの完成系を見学したいですね。

 

次回はローマ編始動!ベルギーに寄り道?

ローマで終電チャレンジ!?